ついに蚊に刺されやすい人の謎が解明!



2016年8月31日に放送されたNHKの「ガッテン!」で紹介された現役高校が世界で初めて”蚊に刺されやすい人”についてある仮説を証明し話題となっています!普段、蚊に刺されやすい人は彼の考案した蚊撃退方法でこれまでよりも蚊に悩まされなくなること間違いなしです。素晴らしい!



きっかけは「蚊に刺されやすい妹を助けたい」



世界初という偉業を成し遂げたのは京都教育大学附属高校2年生の田上大喜(たがみだいき)くん(16)。蚊の研究にとりかかったきっかけは、「蚊に刺されやすい妹を助けたい」という思い。小学生の頃、妹と山へ虫取りに行った時に妹だけが蚊に刺さされることに疑問を持ち蚊の研究を始めたそうです。

妹の何に惹かれて蚊が集まるのかを様々な実験で調べたところ、あるものに蚊が反応し、血を盛んに吸おうと行動を起こすことがわかったそうです。

その、ある「モノ」とは?



蚊に刺されやすい人のカギは足にあった!?



蚊の行動が盛んになったある「モノ」とは、「靴下」でした。田上くんは、妹の靴下に蚊が反応し、盛んに血を吸おうと行動を起こすということを発見しました。

なんだか、妹の靴下が汚いように聞こえますがそういうことではありません。「常在菌」という多くの人の足で培養されている菌が蚊を興奮させていることがわかったそうです。

さらに、蚊に刺されやすい人とそうでない人とでは、その「常在菌」の種類が大きく異なっていることをつきとめました。蚊に刺されやすい人は、足の常在菌の種類が非常に多いことが分かったそうです。

つまり、足の裏にいる菌の種類が多い人は蚊に刺されやすいということを世界で田上くんが証明してみせたのです!

専門家によると、匂いとは別に、一部の常在菌が出す脂肪酸などが関係し、蚊を興奮させ血を吸う行動を引き起こさせるのではないかということです。

そうです!つまり、この菌を減らることができれば蚊に刺されにくくなるとのこと!

気になる方法は次のページで



蚊に刺されないワザ



蚊に刺されやすい理由が足の菌にあることを証明した田上くん。そういうことなら除菌してしまえ!田上君のアドバイスを聞いた妹さんがアルコールをつけたティッシュで、足をよく拭き除菌してみたところ驚くべき効果があったそうです。

5分間で81か所も蚊に刺された山に、足を除菌した状態で入ったところ、刺された数が3分の1にまで減ったそうです。

効果が期待できるのは足を吹いてから数時間だそうで、蚊がいる場所に出かける前に足を消毒すれば、効果は抜群!腕や脚あたりに匂いの強い虫よけスプレーをこれでもかとぶっかけていた日々とはもうおさらばです!まさか足の菌が蚊の本能を呼び覚ましているとは…。

しかしながら長年研究されていたにも関わらず、16歳の高校生がまさかの大発見!小学生の頃の気づきがここまでの研究に発展するとは将来有望ですね!田上大喜くん、彼の将来にも期待ですね!